白人 外人 女性 付き合う

白人の外人女性とお付き合いする上で注意すべき5つのポイント

コミュニケーションは絶対条件

外国人の恋人とお付き合いをする上で一番重要なのが「コミュニケーション」です。

 

コミュニケーションが上手くいかなければ、勿論恋愛どころか友達としての関係を築くことも難しいと言えます。ここで言うコミュニケーションとは外国語のことです。幸いなことに身近な英語が世界共通言語なので、英語を勉強していれば沢山の国の人と会話することができます。

 

しかしながら母国語しか話せない人も大勢いるのが現実です。そういった場合には相手の母国語を勉強する必要があります。お互いの間に「会話」というものが成立して初めてコミュニケーションが上手くとれるのです。日本には沢山の外国語学校あったり、教材なども揃っているので勉強を始めるのはそこまで難しいことではありません。

 

文化の違いには気をつけましょう

世界の国々には多種多様な文化や様式があります。例えば日本では家に入る時には玄関で靴を脱いでから上がるのが常識とされています。

 

このように世界にも私達日本人が知らない文化や様式があることを念頭に付き合っていくことをお勧めします。

 

文化の違いについても書籍やネットなどで調べることも出来ますし、私のおすすめは恋人に直接質問をぶつけることです。

 

これもまた前述したコミュニケーションにも繋がっていくからです。

 

遠距離の場合の注意点

外国人の恋人とお付き合いする上で一つの壁になるのが「距離」です。

 

恋人が日本で暮らしている場合や、自分が相手の国で生活している場合は問題ありませんが、お互いに離れている時間が長いとどうしてもこの距離が大きな壁として立ちはだかります。

 

私の場合は恋人との距離が訳10,000km以上も離れていたので頻繁に行き来もできず、寂しさから何度か喧嘩をすることもありました。

 

この距離に打ち勝つためには日々こまめな連絡が大切です。ここを欠かしてしまうと、相手を寂しくさせてしまうので要注意です。

 

特に日本人は毎日仕事で忙しかったりして連絡する頻度が少なくなりがちですが、家に帰ってからパソコンなどを活用してスカイプでお互いに顔を見ながらビデオチャットで会話するのがお勧めです。私の場合はスカイプや、外出しているときはラインなどのアプリを使って携帯でもこまめに連絡をとるように気をつけています。

 

それからお互いの将来についての明確な意思表示も大切になってきます。例えば「結婚を前提に考えている」など、自分は遊びで付き合っているんじゃないと相手に伝えることも大切です。

 

実際に会う時間も大切にする

近距離や遠距離に関わらず、実際に会ってデートをする時間は必要です。外国人の方の中には情熱的でデートの時間をものすごく重要視する人も数多くいます。

 

もし誘われた場合は「忙しいから無理です」など素っ気ない断り方は出来るだけ控えるようにしましょう。

 

もしどうしても都合がつかない場合は「来週の日曜日は空けとくから今回はごめんね」など、相手に次会える日までの楽しみを作ってあげる工夫なども大切です。

 

遠距離の場合は簡単に次はいつ会えるとかは言い難いと思います。そこで大まかに「9月から10月なら休暇が取れそうだから会いに行くよ」など伝えることで相手の不安を解消することもできます。

 

どうしても休暇が取れない場合などは、相手に会いに来れるかなど質問をして会いたい気持ちを伝えるのも大切です。実際にデートしている時はレディーファーストを心がけたり、愛情表現をするのが大切です。

 

意思表示をはっきりする

これは日本人の方に多く見られることですが、意思表示を曖昧にするのはあまり好ましくありません。

 

相手が何を伝えたいのか解らないときや、聞き取れなかった時などは理解出来るまで繰り返し質問することをお勧めします。

 

笑ってごまかすのは特にNGです。「私は真剣な話をしてるのに何故笑ってるの?」と勘違いをされる危険性があるからです。

 

その他にも「はい」と「いいえ」ははっきりと伝えることも重要です。例えば、相手が手料理を振る舞ってくれたとします。魚が嫌いなのに気を遣って「はい、この魚美味しいです」と言っても、相手は「本当に好きなんだ」と思ってしまうケースが少なくないからです。嫌いなものは嫌いと意思表示をすることが大切です。

 

次のページでは、私が白人の外人女性と付き合うきっかけとなった出会いの場についてご紹介します。

 

白人の外人女性と出会えるサイトとは?